ブルーレイ初視聴「THIS IS IT」

そーいや年末ブルーレイディスクレコーダーを買って、一度もブルーレイとやらを見てない。てことで、最近話題のマイケル・ジャクソン 「THIS IS IT」 [Blu-ray]を買ってみた。

映像の感想。
DVDの比にならないくらいきれい。ハイビジョンで見るならこれからはブルーレイの時代到来を感じた。TSUTAYAもぼちぼちレンタル開始しているし、これからはブルーレイやね。

映画の感想。
マイケルの音楽、パフォーマンスに対する熱意、こだわり、を感じた。細かいところにこだわる。それはお客さんに対して最高の感動を届けたい”思い”そのものなんだろう。これぞ世界最高のエンターテイナーだ。そして周りにいるダンサー、ミュージシャンもオーディションを勝ち抜いただけあってその実力はすごい。「スリラー」「ビートイット」「ビリージーン」どれをみても涙モノです。完璧にマイケルとの息はぴったりです。ロンドン公演実現していたら伝説のライブになったのは間違いない。それぐらい見ごたえのある映画でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿