<備忘録>DNS変更 Value-Damain→Route53

AWSの$25クレジットをゲットしたので「おさむちゃん.com」のDNSを現在のValue-DomainからAWS Route53に実験的に移してみようと思います。以下備忘録。

(1)Value-Domain 設定確認
現在は以下設定がされている。 

#For Blogger
cname www ghs.google.com.
cname zngphbc7es3m gv-slcnnsfqxsaxyq.dv.googlehosted.com.
#For G Suite
mx aspmx.l.google.com. 1
mx alt1.aspmx.l.google.com. 5
mx alt2.aspmx.l.google.com. 5
mx alt3.aspmx.l.google.com. 10
mx alt4.aspmx.l.google.com. 10
txt @ v=spf1 include:_spf.google.com ~all
#For AWS jikken
cname aws-elb elb-user1-1609965169.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com.
cname aws-cloudfront d23r3i7cb3smws.cloudfront.net.
cname aws-cdn dd8tvhl5utq9z.cloudfront.net.

(2)AWS Route53設定
(1)の内容をポチポチ移植。
 ・ホストゾーンの作成

・レコードの作成

 ※AWS内のリソース(CloudFrontやELB)にはCNAMEではなくエイリアスレコードで作成。
<参考サイト>
Amazon Route 53のALIASレコード利用のススメ 


(3)NameServer切替
osamuchan.comドメインを管理しているgkgにてNameServerの変更。
Route53のNameServerはAWSで自動生成された物を使う。

ns-1277.awsdns-31.org.
ns-23.awsdns-02.com.
ns-745.awsdns-29.net.
ns-2000.awsdns-58.co.uk.

(4)あとは時を待つだけ
あとは時をまてばDNSが切り替わる、はず。GKGによると48時間位?らしい。
nameservers have been updated
please note that it may take up to 48 hours for your changes to propagate through DNS


NSレコード引いてみた(2019/8/4 17:41時点)
$ nslookup
> set type=ns
> osamuchan.com
Server: 2400:2411:5900:9900:1111:1111:1111:1111
Address: 2400:2411:5900:9900:1111:1111:1111:1111#53

Non-authoritative answer:
osamuchan.com nameserver = ns1.value-domain.com.
osamuchan.com nameserver = ns2.value-domain.com.

Authoritative answers can be found from:
ns1.value-domain.com has AAAA address 2406:da14:55b:f2a1:fe58:d51e:b42e:476d
ns2.value-domain.com has AAAA address 2406:da14:55b:f2c1:67c2:eaee:3247:5af2
ns1.value-domain.com internet address = 54.65.150.1
ns2.value-domain.com internet address = 54.64.110.166

NSレコード引いてみた(2019/8/4 18:04時点)変わってた。
あとは全世界のキャッシュが切れて、上手くいくことを祈る。
$ nslookup
> set type=ns
> osamuchan.com
Server: 2400:2411:5900:9900:1111:1111:1111:1111
Address: 2400:2411:5900:9900:1111:1111:1111:1111#53

Non-authoritative answer:
osamuchan.com nameserver = ns-745.awsdns-29.net.
osamuchan.com nameserver = ns-1277.awsdns-31.org.
osamuchan.com nameserver = ns-2000.awsdns-58.co.uk.
osamuchan.com nameserver = ns-23.awsdns-02.com.

Authoritative answers can be found from:
ns-23.awsdns-02.com has AAAA address 2600:9000:5300:1700::1
ns-745.awsdns-29.net has AAAA address 2600:9000:5302:e900::1
ns-1277.awsdns-31.org has AAAA address 2600:9000:5304:fd00::1
ns-2000.awsdns-58.co.uk has AAAA address 2600:9000:5307:d000::1
ns-23.awsdns-02.com internet address = 205.251.192.23
ns-745.awsdns-29.net internet address = 205.251.194.233
ns-1277.awsdns-31.org internet address = 205.251.196.253
ns-2000.awsdns-58.co.uk internet address = 205.251.199.208


<備忘録>AWSの課金

AWSの個人アカウントを2019年3月に作って早5ヶ月が経過。12ヶ月の無料利用枠があるので、色々実験が試せるため安心していたが、思わぬ落とし穴も。AWSの無料利用枠とのせめぎあいはまだまだ続きそうや・・・・。

3月 $2.92(約320円)
4月 $0.04(約4円)
5月 $3.90(約429円)
6月 $0.54(約59円)
7月 $0.00(0円)

3月:Webに落ちてた体験ハンズオン環境をそのまま作って放ったらかしにしていたら、RDSがマルチAZのままになっていたので課金された・・・。

4月:AWSのiPhoneアプリの導入でこまめにリソースの停止をするようにしたのと課金のアラート機能を登録したので抑え込みに成功。

5月:試験勉強のためElastiCaheの実験をしたらデフォルトでくそでかいノードが作られたことに気づかなかった(Enhanced High memory R5.large node)。すぐに小さいの(T2 Micro Cache node-hour)にしたが時すでに遅し。

6月:Route53の実験で一旦ホストゾーンを作るところまでやったが、ホストゾーンはベース課金されるらしい。。。

7月:6月に行ったAWS Summitで年内まで利用できる$25分のクレジットをゲットしたのでRoute53の課金が0円扱いに!