クラウドのセミナー

社内のセミナーを聞きに行った。
一番興味のある、というかこれから事業をやるうえで見据えないといけない、”クラウドコンピューティング”について。
クラウドの細かい説明は、Wikipediaにまかせるとして、メモと感想を簡単に。
クラウドは、超集約型データセンターによって成り立っている。
日本と米国ではデータセンターの敷地面積について、桁が3つくらい違う。(とうてい勝てない。戦えない)
データセンターの自動化、仮想化、オープンソースの活用。徹底的なコスト削減で、低コストを実現。
中小企業のシステム(ノンミッションクリティカル系)はクラウドに移行→ハード機器は売れなくなる。
ハード機器ベンダー、そしてSIerに大きな影響。パラダイムシフトが徐々に起きようとしている。
そういった時代が訪れようとしている中、新しい付加価値が出せないと、ネットワーク構築、基盤構築の分野では収益をあげれない時代がくる。
うまくクラウドを利用した付加価値のあるサービスを生み出すべきだ。
はっきりいってSIerであるうちにとって危機感だらけでした。
まじめにクラウドを利用したサービス考えようっと。

0 件のコメント:

コメントを投稿