課長 島耕作

課長 島耕作(1) (モーニングKC (43))」全17巻読了。

きっかけは、日経新聞の土曜日プラスワンで、ビジネスマン?人気漫画にランキングされていたので、ポチってみた。今回はKindleだと高くつくので、17巻セットを中古で大人買い。

普通で出世欲のないサラリーマン課長島耕作(当時34歳)が、いつの間にやらいろんな事件、幸運、不運に巻き込まれ、奮闘し、着実に結果を出していき、成長していくサラリーマンストーリー。1980年代(今から30年前)の初芝電器産業(現パナソニックがモデル)がその舞台となっており、バブル期絶頂で、多少時代を感じる内容もあるけど、サラリーマンの生態という面では、今読んでも色あせないですな。めちゃおもろい!でもって、なんでか女性にもてるんだな、これ。しかも関係持ちすぎやろ!まじめで誠実な姿が人を惹きつけるだろうか。。わからん。

キーワード的には、派閥抗争、海外駐在、異動、不倫、離婚、銀座のクラブ、愛人の横取りと左遷、京都祇園と芸妓、会長の妾と隠し子、クビ宣告、取締役会での解任決議、セクハラ、事業買収とスパイ、反社会の圧力等々、これぞザ・サラリーマンといったネタ満載です。どんどん惹きつけられ一気に読んでしまった。よく取材しているのか、本当に内容がリアルですわ。

ということで、部長島耕作も読むこと決定しました^^

0 件のコメント:

コメントを投稿