住宅ローン仮審査

そろそろまじめに検討&シミュ開始。
”総支払額”をいかに減らすかがポイント。仲介業者の、「35年変動でほら賃貸の支払より安いでしょ」の営業トークにはひっかからない。ありえん。
総支払額を左右する最大のポイントは、
・金利
・返済期間

返済期間の長短と、金利により、軽くうん百万単位で増減する。これが住宅ローンの実体か・・・。ネットに金利計算マクロが落ちてたのでゲットし、シミュレーション開始。借りる額が額なので、返済期間を短くしすぎるのは日々の生活が危険。とはいっても、「余裕資金」という一番使途不明なお金を残すぐらいなら、じゃんじゃか返すのがよい。
あと、比較サイトだけでは見えにくい以下もポイント

・保証料  → ゼロがベスト(大手はこれがかかる)
・団信 → ゼロがベスト(金利に上乗せされるケースも)
・事務手数料 → 安いにこしたことはない
・繰上げ返済 → 手数料の安さ(基本ゼロじゃないと)、返す金額単位(正直100万以上とかはきつい)

返済期間、金利だけではねーな。トータルで判断すべき。仲介業者経由での「三井住友」「三菱東京UFJ」「りそな」「横浜銀行」の仮審査はすべて通過。個別 で検討している「新生銀行」「住信SBI」「ソニー銀行」も仮審査通過。本審査とおして、最終的にどこにするか決めよう。俺の中での一歩リードは「ソニー 銀行」。
転職して1年経っていなかったが、全部仮審査は通過。なんだ、勤続3年以上じゃなくても意外といけるじゃーーん。

0 件のコメント:

コメントを投稿