<備忘録>iPhone6sリコール

最近、突然iPhone6sがシャットダウンする事象が発生。またバッテリーも70%以上あるのに突然1%になるし、なんや変やなと思っていたらWebページでも案内が出ていた。シリアル入力したら「本プログラムの適用対象です」との事。2015年9月〜10月に製造された、シリアル番号が特定の範囲にあるものらしく、どうやらこのケースに該当していた模様。

 年末年始休暇で時間もあったので、確認のためAppleサポートに電話問い合わせした。オペレータの方に事象とシリアルやら伝えて、向こうもリコール対象である事を確認し「リコールの為、無償でバッテリー交換に応じます」とのこと。修理は持込と配送の2種類がある事や、持込の場合の予約の取り方も案内してくれた。

 早速、家から一番近いカメラのキタムラに予約を取って行ってみたら「Appleの案内誤りです。3年以上経つと有償での交換となります。」なんやと!?わざわざAppleの案内通り予約して時間作って交換しに来たのに・・手ぶらで帰るのも腹たつし、5,832円(税込)で修理交換に応じた。1時間位でやってくれてカメラのキタムラの対応はスムーズ。バッテリー性能は元に戻った。

 それにしてもAppleサポートの案内対応どうなっとるんや!絶対文句いったるわ!

 左:バッテリー交換前、右:バッテリー交換後

 その後、Appleサポートセンターのスペシャリストと会話。納得いかんわと文句言って、センター内で協議してもらったが前例がないため返金はできないとの最終回答。担当者には今後同じことが無いように指導しますとの事。代わりにお詫びの品「mophie powerstation mini」(3,888円税込)が届いたとさ・・・。


<参考>
iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

0 件のコメント:

コメントを投稿