<備忘録>VMware Fusion5 + Win8

iMac実験シリーズということで、我が家のiMacにVMware Fusion5Windows8を入れてみました。

①準備編
 Amazonでポチる。2日後にお届け。
  ・VMware Fusion 5
  ・Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)


②VMware Fusion5インストール
 USBからインストールできて簡単だった。

③仮想環境でWindows8インストール・起動
 iMacにはDVDドライブがないため、自作PC用のドライブをUSB接続する。
 Windows8のDVD入れてあとは次に進み続けるだけ。
 それにしてもシリアル番号の文字小さすぎて8とBの区別がつかんかった
 それ以外はスムーズ。
  ※Bootcampエリアに入れる方法もあるらしいが、どうもOSライセンスが2個いるみたいなので、通常エリアに構築。
 VMware Toolsも入れて完了。
 Macの上で動くWindows不思議な感じ。Winでしか動かないアプリはこちらを利用しようっと。CPUコア4個もあるし、メモリ8GBもあるので、あと1、2個同時にOS立ち上げても余裕で動きそうやな。すげーぜ。。


④CentOS 6.4 x86-64もインストール・起動<2013.3.10追加>
 CentのサイトからISOファイルダウンロード
 ISOファイルを指定してCentOSインストール+起動
 VMware Toolsインストール
 Winと同時起動も問題なし。メモリ的にはあとOSまだまだいけそうですな。

⑤Ubuntu 12.10 desktopもインストール・起動<2013.3.17追加>
 Ubuntu Japanese TeamサイトからISOファイルダウンロード
 ISOファイルを指定してUbuntuインストール+起動
 VMware Toolsインストール(terminalの出し方で苦労した。terminalで検索すればOK)


<参考URL>
【Mac】VMWare Fusion 5で仮想環境にWindows 8を導入
CentOS6.2にVMware Toolsをインストールする
端末(terminal)を起動する [ubuntu 12.04]
Ubuntu: VMware tools のインストール
VMwareToolsの動作確認・起動はどのようにすれば良いですか。

0 件のコメント:

コメントを投稿