野村ノート

野村ノート読んでみた。
野球というプロのフィールドで戦ってきた野村元監督ならではの、思いが伝わった。
これはビジネスにもつながるね。胸に響いた言葉メモった。

小事が大事を生む
 いきなり大きいことをめざすのではなく、小さい事柄を積み重ねていくことで大きな目標が達成できる。
  →これはできそうでできない。継続は力なり。コツコツと愚直にやり続けることで見えてくる世界がありそうだ。

人間の最大の悪はなんであるか。それは鈍感である。
  →気づくことで人間は成長する。一つ一ついわれたこと、助言を自分のものにしていこうっと。

意識は、無意識(潜在意識)と有意識(顕在意識)とに分けられるが、9対1の割合で無意識が占められているという。(中略)いずれも顕在意識が必要である。(中略)実践においては意識付けを中心に「備えあれば憂いなし」「準備の充実なくしていい結果は得られない」という準備重視(プロセス重視)が私の野球である。
  →何気なく発言、行動していることは無意識に動いていることが多い。常に発言、行動はなぜそうするのかを考えて行わないと次へつながらない。意識が大事ということか。


野村ノート (小学館文庫)

0 件のコメント:

コメントを投稿