いまさら?家政婦のミタ

世間は半沢直樹が人気で視聴率ですごい数字をたたき出しているらしい。最終話が非常に気になるところだが、いまさらながら家政婦のミタとやらも視聴率がすごかったらしいので地味に夏休み全11話一気視聴。当時2011年は忙しすぎてドラマどころじゃなかったしの。。。

内容は、母親が死に父親1人子供4人と家の中がぐちゃぐちゃになっている状態のため雇った家政婦のミタさんがキーとなり、バラバラだった家族が信頼、絆を取り戻していく家族ドラマ。おもろいというか謎なのがミタさん。不気味で、指示されたことはなんでもやり、ロボットのようにこなす。後半はそのミタさんの過去にせまり衝撃的な事実が。

父親は最低やしあまりにも極端すぎてほんまこんな家族おるんかいという設定だが、だんだんと絆を取り戻していく模様はなかなかおもろかった。そしてミタさんもこの家族とふれあうことでだんだん灯りを取り戻していくのはよかった。最近涙もろくなってきており、次男カイトの死んだ母への作文シーンと、最後の晩餐シーンはほろりきてしまった。

たまにゃ人気ドラマを見るちゅうのもええもんやな。

0 件のコメント:

コメントを投稿