火花

火花 (文春e-book)」読了。

ピース又吉がなんやら芸人初の芥川賞をゲットしたとのことでKindleポチってみた。

漫才師の主人公徳永ととあるきっかけで遭遇した師匠神谷。お笑いに対する思い・葛藤のぶつかり合い(これが火花?)が徳永と神谷を通じて表現されていて、その2人の姿が読みながら浮かんで来てすなおにおもろかった。

所々難しい表現が含まれているものの、全体的にセリフも多いし、所々アホで笑いを誘うシーンも、ホロリするシーンもあり読みやすかった。冒頭と末尾の花火シーンも綺麗にまとまってたなぁ。

こんな小説書けるなんてやるのお又吉。

0 件のコメント:

コメントを投稿