銀翼のイカロス

銀翼のイカロス」読了。

半沢直樹シリーズ第4弾。西大阪スチール編伊勢島ホテル編M&Aと親会社子会社の戦いに続き、今回は潰れかけた帝国航空を取り巻く政治と隠蔽組織を相手に最強の倍返し。

設定は明らかにJALですね。いやぁおもろかった。最高にスッキリした。完全にボコられてからの倍返しだけでなく、国交省の女帝白井、金融庁の黒崎、頭取特命担当とキャラがおもろすぎる。いつもの渡真利と近藤のバブル同期入行組も健在。そして真相を暴けば暴くほど銀行にとっての決断が難しくなる。最後は中野渡頭取の行内融和に対する覚悟、これにつきます。そして半沢の筋の通った対応、相手が政治家でも関係ありません。

「オレは、基本は性善説だ」「だが、悪意のある奴は徹底的にぶっ潰す」

ほとんど半沢完結編ぽいストーリーだが、次作がまた出ることに期待。

0 件のコメント:

コメントを投稿