総員玉砕せよ!(水木しげる)

「総員玉砕せよ!」読了。

従軍慰安婦、上官と重労働とビンタ、兵隊という消耗品、総員玉砕の命令と戦地での生々しい状況のオンパレード。戦争体験した水木しげるだからこそ書ける作品。

「あの場所をなぜ、そうまでして守らねばならなかったのか」やはり当時の日本は狂っているとしかいいようがない…。

0 件のコメント:

コメントを投稿