第三の時効

第三の時効 (集英社文庫)」読了。

前読んだ64がおもろかったので横山秀夫本Kindleポチる。

今回はF県警の刑事部強硬班が舞台。短編6話で強硬班1班朽木、2班楠見、3班村瀬とそれぞれクセのある班長が捜査にあたる。短編だとなめてかかっていたが、完成度の高さに脱帽。横山警察小説おもろすぎる!

64では警務部vs刑事部を広報室という立場でストーリー展開があったが、刑事部強硬班ものもおもろいなぁ。容疑者との取り調べでの駆け引き、点と点をどのように結びつけるか3人の班長のやり方がまったく異なるのもおもしろいところ。

やべぇはまりそ。

夏のドラマ…


土日の夜はもっぱら平日録画したTV番組視聴なのだが、この夏は強い女性が熱い!

花咲舞が黙ってない
池井戸潤原作の銀行ドラマの第2シリーズ。本部臨店班の2人が支店の不正・不祥事を見抜く痛快ドラマ。「お言葉を返すようですが」と舞(杏)の真っすぐな主張が熱くてイイネ!

エイジハラスメント
商社の新人OL(武井咲)が日本企業にはびこる「年齢差別=エイジハラスメント」を始め様々なハラスメント(パワハラ・セクハラ・モラハラ)に立ち向かうドラマ。「てめえ、五寸釘ぶちこむぞ」の決め台詞がイイネ!(コンプライアンス気をつけねば…。)

恐怖新聞

恐怖新聞」1〜3巻まで読了。

まぢ熱い!小学校のころ流行って読んだ漫画。1〜3巻まで無料だったので即Kindleポチった。

主人公の少年宅に夜な夜な届く恐怖新聞には恐怖の予言が。そして新聞を読む度100日寿命が縮む。でもこの新聞読まずにはいられない。

この面白さとクオリティ今読んでも最高ですわ。続きの4〜9巻(有料)までもポチってしまいそうな勢い。あと知らなかったんだけど恐怖新聞Ⅱてのもあるんやね〜。やべポチりそう。

シンプルに考える

シンプルに考える」読了。

LINEの元社長森川さんの本をKindleポチってみました。

内容も分量もタイトルの通りシンプル。分かりやすいし一気に読み終えた。
 ・ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること
 ・ユーザーのニーズに応える情熱と能力をもつ社員だけを集める

顧客より自分本位もしくは本部長・部長が言ったからになっていないだろうか。自らこんなんでええやろと守りに入っていないだろうか。物事の本質はなんなのか、顧客にとって何がうれしいのかを頭に汗かいて考え抜いているだろうか。(ユーザが求めている)最高のクオリティを最高のスピードで実現できているだろうか。考えさせられますな…。

あといい事が書いてあったので、今日から1つだけ実践してみよう。
 「ダメな会社ほど会議が多い」
   ▶︎会議を増やそうとしようとする人を排除しよう。
   ▶︎ムダな形式的な会議はやめ、議論の中身・意思決定の質に集中しよう。

64(ロクヨン)


64(ロクヨン)(上) 」「64(ロクヨン)(下) 」読了。

Amazon欲しい物リストに加えていたのでなんとなくKindleポチった。

64(ロクヨン)と言われる昭和64年に起きた未解決の幼女誘拐殺人事件。いよいよ時効を迎える事件を広報室から眺める警察小説。圧巻。

刑事部vs警務部、警察庁vs県警、広報室vsマスコミ、広報室三上の家族問題等様々な要素が絡みながら進んで行くストーリーは読み応えあり。特に後半、捜査が進んで行くシーンは臨場感ありすぎでドキドキものです。主人公の三上自体はなんら事件を解決しないのだが、広報室だからこそ被害者、警察の姿がリアルに描かれているんだなぁと。警察のような権力を持つ縦割りの組織社会ってやっぱこうか…。

<備忘録>iPhone4S バッテリー交換+iOS7.1.4→8.4

iPhone4Sをゲットしてから約4年。さすがにバッテリーが1日と持たなくなって来たので交換してみました。

バッテリー交換パーツの購入は自分で修理.comってとこ。
iPhone4Sのバッテリー+工具一式で、2,980円+消費税+送料=3,488円

動画での紹介もあり簡単にパネル、バッテリーをはずせて、交換できました。


ついでに、しばらくアップデートしていなかったiOS7.1.4を思い切って最新のiOS8.4に。ぱっと見何も変わらないし、iPhone4Sでも特にもたつく事なく動作しております。秋?に出るiOS9もiPhone4Sサポート範囲なので、もうしばらくは現役でいけそです。