クラウドの衝撃

クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった」を読了。すでにセミナー等で情報は知っていたが、改めて各調査データの豊富さはすごい。これからクラウドの登場により、SIベンダーの役割が大きく変わる、と大げさな提言。すぐには変わらないと思うが、きっと今までの凝り固まった仕事のやり方、考え方を柔軟に変えていく必要があるんでしょうな。そして変えていくいい機会なんでしょう。

第2章「雲の中身はどうなっているのか」のP64で心にとまった発言があったので、メモ。
米セールスフォース・ドットコムの上級副社長で同社日本法人社長の宇陀栄次氏は、以前、「セールスフォース・ドットコム」のコア・コンピタンスは何か?」という筆者の問いに対し、「運用ノウハウである」と答えている。「ソフトウェア・アーキテクチャ」とといった答えを予想していた筆者は、その迷いのない返答が非常に印象に残っている。
→いくら魅力的なサービスを創造したとしても、それを安定しサービス提供できなければ、ユーザの信頼を失墜してしまう。うちのサービスも地道だがやはり足元を固める必要があると感じた。先人に学ぼう。

0 件のコメント:

コメントを投稿